HeadTitle

イッ徹サケ道を行く 第21回

ミント焼酎 MIN+(ミンタス)

2014年 02月 02日 日曜日

なんと8年ぶりに更新のこのコーナー(笑)

近所のイーオンに買い物に出かけました。

結構大きめで、輸入食品なんかも扱っているお酒専門店が入っていて、 観ているだけでもテンションが上がるので、 買い物が終わったあとにブラブラとしていました。

そしたらコイツがいた! ミント焼酎 MIN+(ミンタス)! 以前、誰かが教えてくれたのか、俺がネットの海で探したのかは忘れましたが、 この世の中に「ミント焼酎」なるお酒が存在することを知りました。

とは言え、その辺の量販店では簡単に売っていなくて、 その内ネットで取り寄せようと画策していたのですが、 そのまま脳の中の境界の彼方に封印されてしまいました。

そしたら今日!キワモノ焼酎 (ワサビ焼酎とか牛乳焼酎とかある)コーナーで! 運命の出会い! ミント好きの俺が買わないわけがない。 そりゃもう、嫁さんに許可貰って買いましたサ。

ミンタス
スペック
銘柄:ミント焼酎 MIN+(ミンタス)
製造元:宝酒造株式会社  京都市伏見区竹中町609
アルコール分:25%
原材料:焼酎甲類85%(サトウキビ糖蜜)、 焼酎乙類(麦、麦麹、ミント)
うたい文句:爽やかな香りとすっきりとした味わいのミント焼酎「MIN+(ミンタス)」は、 焼肉などの脂の多い食事にぴったりな焼酎です。 1:4程度に割ったソーダ割りやウーロン茶割りがおすすめです。

封を開けてまずは匂いを嗅いでみます。

カクテルなんかで使われるミントリキュールは、比較的ミントのよい匂いが強いのですが、 このミンタスは、単にミントの匂いと安めの焼酎の匂いがブレンドした匂いです。 トイレの芳香剤でミントを使うと良い匂いですが、 そこで用を足すとおしっこの匂いが混じるとか、そんな感じです。 例え悪すぎですね。

まずはストレートで呑んでみます(お約束)

…なるほどコレは確かに!

味は安い甲類焼酎な感じですが、後味にミントの爽やかな風味が駆け抜けます。 美味しくないですが、すっきりします。 結構訳が分かりません。

ソーダ水はともかく、ウーロン茶割とか良いのか?って思ったけれど、 確かに味がそんなにないから、何らか味を付けないと物足りないですね。 そしてウチにはウーロン茶がない!

冷蔵庫を開けたらセブンイレブンのオレンジジュースがあったので割ってみました。 気分としてはピンキーのオレンジミントとかを想像してました。 呑んでみたらなんか違いましたが、結構美味しく呑めました。

この後味すっきり感を大切に出来る割モノを探して楽しむ飲み物だと実感した夜でした。